51ch @Nippon

こちらは高橋晃一の自己マンサイトです。万が一興味があればどうぞ。メッセージはお気軽に。

*

【読んでみた】ローマ人の物語1 ローマは一日にして成らず

      2014/05/10

「ローマ人の物語」は以前から読んでみたいと思っていた本の中のシリーズです。
そう思ったきっかけは、何かの雑誌の記事で、日本の富豪が選ぶ感銘を受けた本みたいな内容の特集で、多くの得票を得ていたから、ミーハーな私としてはぜひ読んでみたいと思っていたのです。
塩野七生(しおの ななみ)という1992年に初版が発売になり、ハードカバー版で全15巻という大作です(結構、読むのに骨が折れそうですね。)今ではKindle版も出ているようです。
日本の富豪がおススメしているのに反して、私は近くの図書館で借りてくるという方法でハードカバー版を読んでみる事にしました。
Unknown

早速、第1巻を読んでみての感想ですが、
・正直、最初の6割くらいは退屈でしょうがなかった
いろいろな国の人たちが出てきて、名前が複雑な人ばかりで誰が誰だか良くわからなくなりました。
タルクィニウスだの、セルヴィウスだのがたくさん出てきます。更にエトルリア人やドーリア人など様々な国も絡んできて、前のページとかに戻って追うのが疲れました。

・中盤以降のローマ共和国ができて国の法整備などを行いだしてやっと内容を追えた
政治制度の仕組み等、現代にも通ずるものがあり何となく理解できました。

・最後の1割ぐらいで少しずつ物語に引き込まれだす
だんだんローマも大きくなり、イタリア半島を統一するにあたり、ピュロス(ターラントという地域の)との戦などで徐々に引き込まれてきました。

最も印象に残ったのは
ローマ6代目王であったセルヴィウス・トゥリウスの言う、
「奴隷と自由民のちがいは、先天的なものによるのではなく、生を受けて後に出会った運命のちがいであるにすぎない」

この思想があるため、ローマにおいては、奴隷から解放奴隷となり、普通に市民権を獲得することができたようです。
今から、2000年以上も前にこのような思想があったにも関わらず、奴隷制は無くなったものの未だに白だ黒だ黄色だで問題になっていると言うのは人類はどれだけ進歩していないのかなと思ってしまいました。

Amazonレビューを読むと、1巻は退屈だという意見もあり2巻以降盛り上がると言うレビューもあったので、
次巻を期待して読んでみたいと思います。

 - 徒然 ,

  関連記事

no image
VMwareありえない

VMware ver.6を使っていたが、先日MacOSをYosemitに変更したら、使えなくなった。
ver7買えって。。

マスク 耳が痛い

マスク 耳が痛い

no image
登喜和 西新宿ランチ

 早めにランチに行けたので、いっつもいっぱいで入店を諦めていたこちらの中華料 …

【食べてみた】果汁グミ アセロラ味

果汁グミのアセロラ味を食べてみた。

no image
大雪の日の夢の国 前編

大雪の日に夢の国へ!?完全バカのドキュメント。。①

【ニュース】今晩の飲み会、主役は貴方かも!お酒の席が盛り上がる雑学まとめ|Antenna

ちょうちょがお酒が好きとかちょっと興味深い話もありますね。でも、こんな話を得意げに酒の席でされたら、うざいです。

恵比寿ランチ  ラーメン すずらん

 オススメ度☆☆☆ 高級ラーメン店 普通にみんな2000ぐらい払ってい …

金のミルク買ってみた @セブンイレブン

金のミルク買ってみた。

no image
日経新聞

郵政3社、きょう上場:日本経済新聞http://www.nikkei.com/a …

no image
知人との食事 鳥扇@新宿

とりせん!