51ch @Nippon

こちらは高橋晃一の自己マンサイトです。万が一興味があればどうぞ。メッセージはお気軽に。

*

Swift1.1→1.2のキャスト時の注意 AS

   




2015年4月にiOS 8.3が発表され,iPhoneアプリ開発ツールであるXcodeもバージョンが6.3にアップデートされ,プログラミング言語であるSwiftも1.2へとアップデートされました。その影響で、プログラム方法も少し変わったようです。(ルールが厳密になった)

プログラム実行時のランタイムエラーの可能性があるキャストをする場合、
asではなくas!もしくはas?を使用しないとエラーが出るようになっています。

例1.1のとき:xxx.append(sortedArray[arrayCount] as String
1.2になったら上記では以下のエラーが出て、as!にするように促されます。
‘AnyObject’ is not convertible to ‘String’; did you mean to use ‘as!’ to force downcast?

なので、1.2なら:xxx.append(sortedArray[arrayCount] as! String
とする必要があるようです。



 - プログラミング , , ,

  関連記事

iPhoneアプリリリース時の注意

iPhoneアプリリリース時に私が引っかかったのは、Archiveを取る時です。 …

エラーじゃないのにコンパイルエラーになってしまう

swiftは、基本的に自動コンパイルされて、コンパイルエラーが出る仕組みになって …

AWSのSNS準備 BFTaskでエラー

AWSのSNS準備のため、アプリ側のAppDelegateにQiitaで多数アッ …

iOS Dev Centerへのアクセス

iPhoneアプリをリリースするには、 1、Certificatesの設定 2、 …

railsでオブジェクトをnewできないエラー

<事象> rails consoleから単純にnewしたら以下のエラーが表示され …

AngularJS×BootstrapでModal作成 Angularバージョン注意!

<Situation> よくwebサイトで見かけるモーダルを UiBootstr …

エラーSIGABRTのとき

エラーとしてはSIGABRTが出ちゃうパターン。 ログを見ると、 「this c …

no image
アニメーション設定時の注意点

アニメーションを指定する時のUIViewの設定は、 UIView.animate …

【AngularJS】user別に紐づく値を取得

ユーザーごとに表示する値を変更する場合のメモ。 例えば、ユーザーが保持しているポ …

swiftは大文字、小文字の区別が大事

  エラーがでている時に確認すべきポイントとして、大文字小文 …