51ch @Nippon

こちらは高橋晃一の自己マンサイトです。万が一興味があればどうぞ。メッセージはお気軽に。

*

Swift1.1→1.2のキャスト時の注意 AS

   




2015年4月にiOS 8.3が発表され,iPhoneアプリ開発ツールであるXcodeもバージョンが6.3にアップデートされ,プログラミング言語であるSwiftも1.2へとアップデートされました。その影響で、プログラム方法も少し変わったようです。(ルールが厳密になった)

プログラム実行時のランタイムエラーの可能性があるキャストをする場合、
asではなくas!もしくはas?を使用しないとエラーが出るようになっています。

例1.1のとき:xxx.append(sortedArray[arrayCount] as String
1.2になったら上記では以下のエラーが出て、as!にするように促されます。
‘AnyObject’ is not convertible to ‘String’; did you mean to use ‘as!’ to force downcast?

なので、1.2なら:xxx.append(sortedArray[arrayCount] as! String
とする必要があるようです。



 - プログラミング , , ,

  関連記事

Error loading apple credentials from file

プッシュ通知の機能を実装する上で、自前でサーバーを準備するのは大変なので、AWS …

ランダム値を発生させるときの注意点 UInt32

スポンサードリンク ランダム値を発生させるときの注意点。 ランダム値を発生させる …

文字列の先頭、末尾を条件に使う

スポンサードリンク 「hasPrefix」を使うと文頭に含まれているかどうかをチ …

swiftは大文字、小文字の区別が大事

  エラーがでている時に確認すべきポイントとして、大文字小文 …

no image
Double型結果誤差

Double型では大きな数値や少数の計算をすると計算結果に誤差が生じます。 これ …

エラーじゃないのにコンパイルエラーになってしまう

swiftは、基本的に自動コンパイルされて、コンパイルエラーが出る仕組みになって …

iOS Dev Centerへのアクセス

iPhoneアプリをリリースするには、 1、Certificatesの設定 2、 …

エラーSIGABRTのとき

エラーとしてはSIGABRTが出ちゃうパターン。 ログを見ると、 「this c …

iPhoneアプリリリース時の注意

iPhoneアプリリリース時に私が引っかかったのは、Archiveを取る時です。 …

swift2.0でAWSのSNSを作ってみる

SNSからプッシュ通知を受け取るためのアプリ側での記述方法がswift2.0にな …