51ch @Nippon

こちらは高橋晃一の自己マンサイトです。万が一興味があればどうぞ。メッセージはお気軽に。

*

サピエンス全史 上・下

   

広告

価値観が結構変わりました。
・人間のちっぽけさ
・資本主義という宗教
・仏教的な幸福


<気になった点>
・人類は一直線でない
・小麦に家畜化された
農耕になることで縛られた、未来を考えるようになる
・リアル家畜は、種の保存という意味では大成功だが、幸福かは別問題

ハンムラビ法典は、王の臣民が皆ヒエラルキーの中の自分の位置を受け入れてそれに即して行動すれば、帝国の100万の住民が効果的に協力できるという前提に基づいていた。

独立宣言を生物学的に言うのはオモロー
幸福の定義は、快楽

農耕の時代からいかに神話を語れるか

プジョーの例は共同主観的

ミツバチはDNAに刻まれている
ハムラビ法典はDNAに刻まれていない

差別のヒエラルキーは、徐々に強固になる
神話や科学の嘘で肯定か

同性愛は生物学的には何にも規制していない

科学の発展は、宗教やイデオロギーと提携して発展する
西ヨーロッパの国は日本の戦国時代ぐらいはまだゴミ、シルクロード沿いが覇権
その後の科学の力で台頭

資本主義は宗教、利益をまた次の投資
ファラオの王みたいにピラミッドを建設するのは資本主義ではない
大航海時代と、近代資本主義は密接

歴史的な資本主義の害、アメリカのプランテーションでアフリカ系奴隷とか
人々は利益と生産を増やすことにとりつかれる、成長が至高の善

プランテーションの奴隷たち身を粉にして働いて、500年前の祖先より少ない食事
何百億もの家畜の存在

人類史上初めて供給が需要を追い抜いた


1750年ぐらいは、家族、地域、お上の介入が少なかったできなかった
メリットデメリットある、はじき出された場合終わる
国家市場、個人、家族コミュニティ

国民部族、消費者部族 B’zのファン的な

現代の特徴は変化し続ける、マグマみたいに

戦争で得られる利益より、平和で得られる利益の方が大きい

幸福は、個人的妄想をその時々の支配的な集団的妄想に一致させることか

幸福とは快感であれ、意義であれ?

ルソーは私が良いと感じるものは良い。
これは自由主義
しかし、歴史上は客観的な尺度があった。
ここで矛盾している

一般的に人の結びつきで幸福は感じられる
家族、仲間

仏教の真髄は、ありのままを受け入れる、感情のうねりはあるが、渇愛を捨てることで受け入れるし、幸福を感じれる
ああだったかも。こうだったかもは捨てる

ブッダの教え、外部の追求、内なる感情の追求も止めること


 - 読書 , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした