不動産投資

【賃貸経営】空室対策3:自動販売機の設置

更新日:

既存の入居者様効果  :☆☆☆☆☆(みんないい感じというお声を頂いています。)
新規入居者様獲得効果 :☆☆☆(便利ですねというお声を頂いた事があるので、☆3つ。)
(満点は5つ星)

今回、自販機を扱う業者からの営業もあったので、自動販売機を導入したのですが、個人的に自販機を設置する事は、小さい時から漠然と憧れていた事を思い出しました。ですので設置する事で自分自身でも満足してますw
実際に設置してみた感じ
IMG_0822

今回の選定理由
私は自販機といえば、100円で買える事に価値があると勝手に思い込んでいるので、比較的身の回りで100円販売として目にしていたアサヒ飲料を選択することにしました。
まぁ本当は、安い自販機買って、自分で詰め替えてとかやってみたかったのですが、さすがに面倒くさすぎるので諦めました。
ちなみに、私が提示された契約内容としては、通常通り120円で売ったら25%、110円で売ったら18%、100円で売ったら10%のオーナへのバック率です。だいぶ開きがありますね。
まぁ、やはり、自販機と言えば100円に憧れて、10%で契約する事にしました。
(※消費税5%の時に契約している)

メリット
①利便性
やはり、ちょっと喉が渇いた時など、コンビニやスーパーに行く手間が省けて便利だと言う声を入居者様から結構頂きました。

②防犯対策にも最適
エントランスの外にライトは付いているものの、自販機を置く事で、更に明るくなり、防犯上も効果を上げていると言う声も頂いております。

夜の明かりに防犯対策としても効果を発揮!
IMG_0825

③電気料金の補填
これは確実なメリットではありませんが、それなりに売り上げがあれば、自販機分の電気代をまかなうとともに更にその他の共用部分の電気代をまかなう事ができます。売り上げにもよりますが、まぁだいたい微々たるものだとは思いますがw

だいたい、電気代としては2,500円/月程度電気代でかかるので、250本以上売れないとマイナスになっちゃうような計算ですね。
1年間設置してみて、売り上げは多い夏場で500本以上売れますが売れない時期でも300本ぐらいで回っていますので、まぁ、平均したら、電気代を差し引いて1,500円/月程度の利益だと思われます。
しかし、この4月の消費増税のせいで、どうやらこの計算も成り立たなくなりそうです。

-不動産投資
-, ,

Copyright© 51ch.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.