産み分け

【先端】産み分けを絶対成功させたい人へ科学の力を駆使したマイクロソート法という選択肢まとめ

あいまま
あいまま
こちらの記事では、産み分けの方法の1つであるマイクロソート法について調査しました。
お値段はかなりしますが、比較的手間なく一定の効果を得られる方法です。

産み分けの方法を調べている方のお役に立てる内容になっております。

マイクロソート法とは?

microsortDNA
MicroSort®「マイクロソート」とは、米国バージニア州の不妊治療研究機関であるGenetics&IVF Instituteで開発された技術です。

精子に含まれるDNAの量から精子の性別を分類する産み分けの検査手法になります。

精子の染色体を選別分類することて男女の産み分けをすることができるこの方法は、全世界で数千件を超える実績があります。

科学の力を使うので、産み分け確立も高く、費用も比較的抑えられる方法になっています。

高精度の産み分け方法といえば、着床前診断がありますが、こちらは産み分け確率こそ高いものの、医療機関の受診が必要で費用がとても高額となるため手軽に選択できる方法とは言い難いでしょう。
一方MicroSort®「マイクロソート」は高い産み分け確率で医療機関受診の必要もなく費用を抑えられる方法として、日本では2020年7月より株式会社Chromosにおいて提供開始されました。

 

マイクロソート法ってどんな検査方法なの?

MicroSort®「マイクロソート」は、精子の段階でX精子(女性)かY精子(男性)かを判定し選別する検査です。X精子にはY精子に比べDNAの総量が2.8%程度多く存在しており、その精子のDNAの量の差を検出することでX精子かY精子かを識別し精子を分類します。

今までの産み分けと何が違うの?

これまで日本国内で選択されてきた産み分け方法は、産み分けゼリーやパーコール法など、身体的にも経済的にも負担が少ない方法でした。負担が少ないぶん、成功率も高いとはいえないものが多かったように思います。また着床前診断は、成功率が高いものの医療機関の受診が必須で費用が超高額であったりと選択肢はそう多くないのが現状です。
そんななか、精子検査のみのMicroSort®「マイクロソート」という産み分け法が注目されています。MicroSort®「マイクロソート」は医療機関受診の必要がなく(体外受精がない)自宅で手軽に高性能の産み分けにチャレンジできる方法として提供が開始されました。

マイクロソート法の歴史はある?

MicroSort®「マイクロソート」は、米国バージニア州の不妊治療研究機関であるGenetics&IVF Instituteで開発された技術です。
Genetics&IVF Instituteは1984年に設立され、不妊治療と遺伝病検査の領域において先駆者的な存在として数千人を超える患者さん達に医療技術を提供してきました。
MicroSort®「マイクロソート」とは、元々は家畜の精子を振り分けるために発明された技術だそうです。

マイクロソート法の検査手順は?

マイクロソート法の検査手順を簡単にご紹介します。

step1.

まずは株式会社Chromosのサイトから資料請求をします。資料の内容を確認のうえ、検査概要と同意事項に了承する場合はサイトの申し込みフォームから申し込みます。

step2.

マイクロソート検査を受ける前に、感染症の事前検査を受ける必要があります。送付されてきた検査キットで検査を行いましょう。

step3.

感染症検査が完了し検査結果に問題がなかった場合、MicroSort®「マイクロソート」検査へと進みます。検査対象となる体液は採取から2時間以内に株式会社Chromosへ直接持ち込みます。

step4.

持ち込んだ精子は凍結処理が行われ検査機関に輸送されます。検査機関に送られた精子はX精子かY精子かを識別し分類されます。

step5.

分類されて手元に帰ってきたものを手順書に従い解凍し、シリンジを使って自分で注入します。

 

費用はどのくらいかかるの?

計算

マイクロソート法の価格

MicroSort®1回分キット:447,000円(税別)
MicroSort®3回分キット:642,000円(税別)

着床前診断と比べると費用はかなり抑えられます。
そして、病院を受診する必要がないので自宅で手軽に産み分けを行うことが出来ます。

 

メリット・デメリットはある?

メリット

病院を受診する必要がない!

病院に通って体外受精する必要がありません。

着床前診断より安価に高精度の産み分けが可能!

着床前診断を受ける場合の費用300万円~500万円に比べるとだいぶ現実的な価格なのではないでしょうか。

93%という産み分け率の高さ!

女の子で93%、男の子で82%という産み分け率だそうです。ここまでの産み分け確率は着床前診断の性別判定の精度98%に次ぐ高確率となります。

デメリット

妊娠できる確率が低そう!

自分でシリンジで注入する方法なので、無事妊娠に至るかはわかりません。
1回分キットで自然妊娠と同等程度、3回キットで65%程度の妊娠確率だそうです。

費用が高い!

着床前診断と比べれば遥かに安いのですが、やっぱりこの金額はハードル高いです。

日本では前例が少ないためよくわからない!

米国では以前から行われている産み分け法ですが、日本では2020年7月より申し込み開始されたとのことです。日本では前例が少ないため判断が難しいです。

まとめ ~あいママの見解~

 

あいまま
あいまま
女の子の産み分け率が少し高めだから、女の子希望の方向けかな?マイクロソート法って、精子を凍結させて海外に輸送したり結構大掛かりなことをする割に妊娠確率が自然妊娠を同じくらいなんだね。日本国内での前例がすくないから今からやるのはだいぶチャレンジングな気がするな~

 

 

ABOUT ME
あいまま
上が女の子、下が男の子の2児のママです。産み分けゼリーという存在を知り、運良く産み分けに成功しました。 その時の体験や、子育てに関することを綴っています。よろしくお願いします。