主に子育て、ダイエット、高崎周辺、B'zについて書いています。

51ch.com

子育て 高崎

高崎で人気の健康福祉大学付属幼稚園の見学会に参加してきた時の口コミ♪

投稿日:2019/07/25 更新日:

【本記事のターゲット】
1. 高崎で幼稚園入園を考えている
2. 健康福祉大学付属幼稚園に興味がある
下のKが満3歳を来年に控え、我が家では幼稚園選びを進めております。
やっぱり高崎だったらここってくらい、有名で評判の良い幼稚園。
評判がいいのは知ってたけど、どんな幼稚園なのかは知らなかったので、今回はどんな幼稚園かをしっかり確認するべく行ってきました。
幼稚園絵

我が家でも、絶賛迷っている最中ではありますが、同様に幼稚園選び中の方の参考になれば幸いです。
※あくまで個人的な感想になりますので詳細はご自身でお確かめください。

すみれ幼稚園の感想について知りたい方は『高崎で幼稚園選び♪すみれ幼稚園の見学会に参加してきた感想』をご覧ください。


こだま幼稚園の感想について知りたい方は『ヨコミネ式で学べる高崎のこだま幼稚園♪みんな仲良しで英語教育にも力を入れている!見学の口コミ公開』をご覧ください。

健康福祉大学幼稚園について

健康福祉大学幼稚園は、高崎市中大類町501にあり、アピタの前の道を北上して下大類にある幼稚園になります。

前進の群馬女子短期大学附属幼稚園が昭和49年(1974年)に設立されました。2000年で約25年になります。

健康福祉大学幼稚園に入園するためには

今回の説明会で、

『ぜひ我が子をこの幼稚園に入園させたい!』

と心に決めた父兄は、なんと先行願書を提出して良いとのことでした。

本来ならば9/1に一斉に提出するものですが、予約というかたちで入園枠を抑えてもらえるそうなんです。
大人気の園なのに、9/1に並ばなくてよいのはありがたいなんて思いはありました。しかし、一旦提出した願書は取り下げできないそうで、慎重に考える必要がありそうです。

みんな願書提出はどうするんだろう?と思っていたのですが、結構この日に提出している方多かったです!

そして我が家はというと、、、提出はしませんでした!
まだ他にも見学したい園があったため決断することができませんでした。。。

しかし後日、風の噂で耳にしたのですが、満3歳クラスはこの日の予約方式の願書提出で定員がいっぱいになってしまったそうです!!
びっくりです!満3歳で入れたい気持ちがある場合は、その場で願書を出さなければ入園は不可能ということです。

来年、満3歳児クラスを検討されている方は、6月の説明会でほぼ入園が決まると考えて良いと思います。

園内見学

6月某日、高崎健康福祉大学付属幼稚園の見学&説明会に行ってきました。
10時45分に受付なので40分には駐車場に車停めて来てくださいと言われたのですが、駐車場がどこかわからず。。。。

一旦幼稚園の正門前まで行き、先生らしき人に駐車場の場所を聞きました。

『来た道を戻ると看板がありますよ』

とのことだったので、戻って駐車場を見つけて停めました。
で、また今車で走って来た道(車の通交通量が多く歩道が狭い道)を歩いて幼稚園の門まで戻ったわけなんですが、この道を子どもを連れて歩くのは危ないなーと思いました。

しかし、駐車場の奥のほうが幼稚園の裏側に直通していて、そこから出入り出来るみたいですね。なぁんだ、安心。

園の説明会
さて、無事に幼稚園にたどりつき見学者とおぼしき父兄の方々に混ざり、先生の案内を待ちました。見学者は全部で20人くらい。

案内を待つ間、園庭で遊ぶ子供たちを眺めておりました。
お砂場遊びに夢中になってる子たち、パンツ1丁で水遊びをしている子たち、泥どろになってニコニコしている子たち、みんなすごく自由に遊んでいました。
この日は天気が良かったため、キャーキャー言いながら全力で遊ぶこどもたちを微笑ましく見ておりました。

いざ見学

少ししてから教頭先生と思われる女性の案内で2階の広い会議室へ移動しました。
園長先生からの説明を受けました。
さてさて、いよいよ園内の見学の時間になりました。
主任とおぼしき女性の先生の引率で、会議室を後にし園児たちのいるお教室にやってきました。

ひとクラス30人弱でしょうか。

教室の中は4人掛けテーブルが結構みっちり置かれていて、だいぶわちゃわちゃしている印象です。

こどもたちはすごいフレンドリーで、手を振ってくれたり、ニコニコしてこちらを見ていたり。
ただ、給食前の時間だったせいかもしれないけど、出たり入ったりウロウロするこどもたちも。
あくまでこの時間帯だったからかもしれないけど、規律というよりも自由な印象を受けました。

園の差別化ポイント

「幼稚園教育要領」に基づく教育

園長先生のお話によると、高崎市内でたくさんの幼稚園がこども園化していくなかで、ここの園はあくまでも幼稚園として文部科学省管轄のもと「幼稚園教育要領」に基づき教育を行っているとのこと。
文部科学省管轄のマンモス幼稚園としては市内唯一らしい。(←ここ、すみれ幼稚園もマンモス園だしこども園ではなかったような?それとも、教育の質が高いってことを言っていたのかな?)

付属高校、大学とのコラボレーション

付属高校や大学があること、敷地の広さというメリットが保育内容に活かされております。
園庭はとても、広ーいです。待っている間、子どもたちが遊ぶ様子を見ていましたが、園庭の広さは圧巻です。

大学健康栄養学科と連携しこどもたちに食育活動を行ったり、高校科学部と連携し、実験をしたり科学あそびを取り入れているそう。

大きな畑で様々な野菜を育てたりもするそうです。
畑では、じゃがいもやさつまいも、その他たくさんのお野菜を育てていて、こどもたちが自分で何を植えるか決めたり、何月に種をまいていつ頃に収穫できるのかなどを学ぶそうです。

畑の向こうに見える広ーいグラウンドは普段は高校生が使っているそうですが課外活動などの際には使用できるそうです。

この辺の説明を聞いて、それまで、わんぱくな幼稚園という最初のイメージから、教育のほうもしっかりしているんだなーという印象に変わりした。

制服

この幼稚園では多分制服がなくて(間違えてたらごめんなさい)ジャージを着用するみたいです。
夏は半袖半ズボンの体操服、冬は長袖長ズボンの上下ジャージ。
ちなみに色は緑色です。結構目立つ色味なので、児童館とか公園とかで目立っています。

人数は?

年少さんから年長さんは各30名ぐらい×4クラス。満3歳クラスは2クラスの大所帯です。
しかし、それに耐えうるだけの園の広さがありますので安心です。

お昼ご飯は?

お昼ご飯は、フルで給食です。
給食は園内で手作りしていて、アレルギーにも細かく対応しているようでした。

入園の融通について

先にも述べた通り、融通とか言っている余裕はないです。
入園したいなら、迷っている余裕はありません。

最後に

高崎で人気の健康福祉大学付属幼稚園の見学会に参加してきた感想についてまとめましたがいかがでしたでしょうか。
文科省の教育要領にもとづき質の高い幼児教育を行なっており、思いっきり身体を動かして健康な身体とすこやかな心を育てることに力を入れている印象でした。
高校や大学と連携して食育や科学に興味をもてるような活動をしていてさすが人気がある幼稚園だなと感じました。

健康福祉大学付属幼稚園入園をお考えの方の参考になれば幸いです。

すみれ幼稚園の感想について知りたい方は『高崎で幼稚園選び♪すみれ幼稚園の見学会に参加してきた感想』をご覧ください。


こだま幼稚園の感想について知りたい方は『ヨコミネ式で学べる高崎のこだま幼稚園♪みんな仲良しで英語教育にも力を入れている!見学の口コミ公開』をご覧ください。

-子育て, 高崎
-, ,

Copyright© 51ch.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.