女の子産み分け

【解明】女の子が生まれやすい人に特徴はあるのか?私の周りの事例を考察!

女の子を産み分け

3姉妹を割と見かけることがあり、何か特徴があるのかなと気になってしまいます。

あいまま
あいまま
こちらの記事では、女の子が生まれやすい人の特徴について周辺調査を行いました。

産み分けを考えている方にお役立ちいただける内容です。

女の子産み分け方法の記事はこちらにまとめてあります。

女の子が生まれやすい世界の研究

人類の歴史で「出産」についてさまざまな研究が行われています。

当然、女の子が生まれる特徴について

などが研究されています。

指の長さとの関係

産み分けと手の関係

2015年に韓国のKimという研究者が「Plos One(英語)」という雑誌で発表しました。

要約すると人差し指に比べ薬指が短い女性ほど女の子が生まれやすいということです。

人差し指>薬指→女の子

皆さんの手はどうですか??

あいまま
あいまま
私は薬指が長かったです。

それでも1人目は女の子でしたので、それほど信憑性は無いような。

ぜひコメントいただければと思います。

ストレスとの関係

ストレスを感じる女性ストレスが多いと、女の子が生まれやすいという噂があります。

現代社会、ストレスはつきもの。

ストレスを感じることで、コルチゾールというホルモンが分泌されこれが影響を与えるとのこと。

とはいえ明確なデータもありませんし噂止まりです。

そもそも健康な赤ちゃんを産むのに、ストレスは軽減した方が良いでしょう。

最も科学的な精子の関係

最終的な受精時に男の子か女の子を決定する要因はパパの精子でしかありません。

  • 女の子になる→X精子
  • 男の子になる→Y精子

つまり女の子を望む場合、X精子をうまく受精させれば良いということになります。

そのためにパーコール法や、マイクロソート法などがあります。

そんな中で運良く私も成功した産み分けゼリーというものもございます。

女の子を2人以上生んでいる私の周りの人の特徴

私あいままの周りにいる女の子が多いママさんたちのご紹介してみます。

女系の家柄Aさん

女系というと女の子が多く生まれる家系をいいますが、昔であれば、男の子の多い家から養子をもらって存続させていました。

友達のAさんの家は、そんな家系です。

Aさんは記憶している内でも祖母のころからずっと女の子ばかりが生まれていて
Aさんのお母さんも、そしてAさんもお子さんは女の子が2人います。

あいまま
あいまま
確かに女系の家柄を疑ってしまいます。

Aさん自身は慣れっこなようですが、やっぱり男の子が欲しかったようです。

仕事ママのBさん

次にバリバリのキャリアウーマン友達のBさんのケースです。

結婚してお子さんが生まれた後も、仕事に復帰したいと言ってました。

旦那さんも仕事が忙しく、ほぼワンオペで頑張っておりました。

忙しいご夫婦だったので2人目は作らないかもなと余計なお世話を思っていましたが、

ただ今回はそうイライラもしておらず、1人目のお子さんにお姉ちゃんになったね~と
ニコニコと接しているそうでなにより。

2人の娘さんもママみたいなキャリアウーマンになりそうな予感です。

自営業のCさん

最後に友達のCさんの実家は親の代から自営業を営んでいて、旦那さんと家業を継ぐことになりました。

自営業は自由な部分もありますが、経営も考えねばならずプレッシャーも多いと言っていました。

そんなCさんはどちらかというと男勝りな女性という印象でした。

そんなCさんは、3人の娘さんを出産されました。

女の子を2人以上生んでいる有名人

さて芸能人で女の子を複数産んでいる方は多いです。

その一部をご紹介します。

杏さん

女優であり、ファッションモデルでもある杏さんです。

2016年5月に第1子・第2子となる双子の女児を出産しました。

その後に男児も出産、3人の子供のママさんになりました。

今は離婚して親権は杏さんが持っているそうです。
パワフルママとして活躍してますね。

土屋アンナさん

ファッションモデルであり、歌手・女優業もこなす土屋アンナさんです。
2017年に第3子となる女児を出産。
翌年に第4子女児を出産。

出産のペースもすごいですが、4人目というのもスゴイです。

3度の結婚歴もあり、精神的にかなりタフな方という印象です。

熊田曜子さん

男性人気が非常に高かったグラビアアイドルであり、タレント兼ユーチューバーでもある熊田曜子さん。

2012年に第1子となる女児を出産。
2015年に第2子女児を出産。
2018年に第3子女児を出産。

え、お子さん3人とも女の子!?
流産を経験されたとはいえ、女の子が3人というのはかなりまれなんじゃないでしょうか。

おすすめ女の子産み分け方法

ここまで女の子ママの特徴を見てきましたが、正直眉唾な話が多い印象です。

ある程度本気で産み分けにチャレンジされる方は、産み分けゼリーという方法もございます。

ピンクゼリーや、ベイビーサポートなど類似品はいくつかあります。

それぞれ多少の成分差はあるようですが、それほど明確に異なるかといえばそうでもないのも事実です。

ですので、国内製造であり、料金が高すぎない製品であれば利用しても良いでしょう。

例えば、ベイビーサポートは産み分けゼリーの中で実績が最も高くおすすめです。
【ベイビーサポート】公式ショップはこちら
※2箱以上購入でお得なキャッシュバック

まとめ

『【解明】女の子が生まれやすい人に特徴はあるのか?私の周りの事例を考察!』について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。
女の子が多いご家族をあえて特徴付けさせていただきましたが、当然、一概には言えません。

産み分けを目指される方は、取り組めることから取り組まれるのが良いと思います。

あいまま
あいまま
私が実際に試したおすすめの産み分けゼリーをまとめております。
産み分けゼリー比較
ABOUT ME
あいまま
上が女の子、下が男の子の2児のママです。産み分けゼリーという存在を知り、運良く産み分けに成功しました。 その時の体験や、子育てに関することを綴っています。よろしくお願いします。
こちらの記事も読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA