女の子産み分け

【それマジ?】女の子の産み分けのために旦那がやるべきこと5選♪食事もパンツも変えちゃいましょう

肉食で女の子産み分け
あいまま
あいまま
こちらの記事では、女の子産み分けのためにダンナさんにやってもらうべきこと5つをまとめました。

これから女の子の産み分けにチャレンジしようとしている方にお役立てできる内容です。
産み分け確率アップのための5つの要素とはいったい何でしょう?

女の子産み分けは、男の子産み分けよりも難しいと言われています。

これから女の子産み分けをされる方の参考になれば幸いです。

旦那さんがやるべきこと5選!

まず旦那さんにしてもらった方が良いということを挙げたいと思います。

肉食系になってもらう

こちらは文字通り、食べるもので女の子産み分けの確率をアップする作戦です。

どう言うことかと言いますと、

あいまま
あいまま
女の子産み分けは体を酸性にした方が良いと言われていて、お肉は体を酸性にする効果がありますよ。

イメージでは、肉食→強そう→男の子が生まれる?

と思われがちですが、実際は逆なようです!

体を酸性にする食材例
  • 肉類、魚介類
  • 穀物類
  • 砂糖
  • お菓子類(だいたい砂糖、卵使われてますしね)
  • アルコール類    etc.

現代社会では、普通の生活をしていたらこれらの摂取が多くなりそうです。

食べ物の話は旦那さんだけではなく女性にも言えます。

狙った日の1ヶ月前くらいから、肉食系夫婦でいきましょう。

パンツをボクサーパンツにする

女の子のためのX精子は熱さに強く、男の子のY精子は熱さに弱いという特徴があります。
X精子、Y精子について知らないよという方は、こちらの豆知識をご覧ください。

熱と言っても、沸騰させるとかの話ではなく、1℃とかほんのちょっと高くすると言うことです。

そこで登場するのが、パンツを変えると言うものです。

具体的には、風通しのいいトランクスをやめて、ピタッとしたブリーフタイプや、ボクサーパンツにしておくと良いと言うことになります。

旦那さんには、ボクサーパンツを履いてもらいましょう!

産み分けゼリーを理解してもらう

女の子産み分けに最も大事なこととして、女性の膣内を酸性にすることが挙げられます。
その簡易な方法として産み分けゼリーというものがあります!
ベイビーサポートトップ
産み分けゼリーとは、仲良しする前に直接膣内に注入する潤滑剤です。
ネット通販で購入が可能です。

あいまま
あいまま
我が家では産み分けゼリーを利用して、運良く男の子を授かりました!

産み分けゼリーについて詳しく知りたい方はこちら↓

新生児
産み分けゼリーとは?使い方や成功率を知って希望の性別を目指しましょう♪産み分けゼリーとはいったいなんなのでしょうか?産み分けゼリーの存在は知っているけど、食べ物と勘違いしている人や効果はどうなのと思っている方もいます。成功率なども併せて調査してみたいと思います。...

今は我が家が利用したハローベビー以上に効果のあるベイビーサポートという商品が販売されています。

これからチャレンジされる方は、ベイビーサポートをご利用するのが良いと思います。

我が家でお世話になったハローベビーについてはこちら↓

ハローベビー
ハローベビーの販売中止はなぜ!?産み分けゼリーの製品に問題があったのか真実を調査!産み分けゼリーの草分け的存在であった、『ハローベビー』が2019年8月から販売中止になってしまいました! 我が家はハローベビー...

しかし、産み分けゼリーに対して、旦那さんがあまり理解を示さないと言うケースも良く耳にします。

旦那さんが産み分けに協力してくれないに移動

仲良しの前に熱めのお風呂に入ってもらう

こちらも、前節と同様の理由です。

狙った日の行為の前に熱めのお風呂に浸かることで、Y精子を弱らせます。
つまり、Y精子が熱に弱いことを利用する作戦です。
X精子、Y精子について知らないよという方は、こちらの豆知識をご覧ください。

具体的には、41-2℃のお風呂に3分程度浸かってもらいましょう。

もちろん、無理して湯当たりなどしないよう、体調に合わせて試してみてください。

熱めのお風呂でY精子の動きを弱まらせる

適度に薄めてもらう

精子を溜めておくと、男の子用のY精子が増える傾向にあります。

そのため、行為の3日前には精子を放出させておいてもらいましょう。

気持ちを高めるためにも、3日前に夫婦で仲良くしておくのがいいですね。

前日などに薄めてしまうと、精子の数が少なくなってしまうので妊娠自体がしづらくなっちゃいますので注意です。

電磁波を浴びる

旦那職業プログラマーこちらは、旦那がSEやパイロットなど、機械からの電磁波を受けやすい仕事をされている人には女の子が多いと言う説に基づくものです。

あいまま
あいまま
我が家の場合、旦那はほぼPCと向き合っている仕事のせいか1人目は女の子でした!

もちろん実際に職業を変えることは無理ですので、少しPC作業を多めにしてもらうとかでしょうか。

ゲーム好きの旦那さんにはゲームを長めにやってもらうとかも逆に喜ばれそう。

旦那さんが産み分けに協力してくれない?

喧嘩する夫婦ここまで色々書いてきましたが、産み分けには旦那さんの協力が不可欠だということがわかります

我が家のケースをお話しすると、『2人目を妊活する!』と決めてから、

あいまま
あいまま
産み分けの本買ってきたから読んで!

とか、

あいまま
あいまま
次の排卵日はXX日だよ!

とか、産み分けゼリーを勝手にネットで注文したりしてました。(露骨すぎる・・。

旦那さんが嫌になるほど産み分けの話をしてしまってたと思います。

旦那さんはというと、1人目の育児が落ち着いていない中、仲良しが義務的なものになってしまうと嫌になっていたようです。

ダンナ
ダンナ
義務的じゃなく、自然にいい雰囲気をつくってくれたらこちらもやる気になるのになぁ・・

と、後から聞いた話ですが思っていたようです。

ありきたりですが、例えば寝る前にマッサージしてあげたりとか、夫婦の協力は大事だと思います。

  • 旦那さんにあまりプレッシャーをかけすぎない!
  • ご自身もあまり気負いすぎない!

その他、私の対応として、好奇心を刺激してやるという作戦も取りました!

あいまま
あいまま
男性はどちらかというと理系寄りの人が多いと思うので、

例えば『産み分けゼリーって言うのがあるから、試しに実験してみようよ』と、好奇心を掻き立ててあげるのがいいと思います。

せっかく産み分けに挑戦するのですから、ぜひ夫婦で協力できるように、うまいこと言って旦那さんをコントロールしてあげてください。

これきっかけで、ケンカとかしないでくださいね!
焦らず、固執しすぎないことです。

産み分けは、当たるも八卦、当たらぬも八卦の楽しみながら実行する気持ちが大事だと思います。

もしも旦那が協力してくれないなら

産後夫婦セックスレスもしも、旦那さんがあまり協力してくれないと感じていて、女の子産み分けをやりたいと思うなら。
せめてやっておくべきことは以下の2つだと思います。

  • 排卵日の2日前に仲良し

排卵日の2日前は頚管粘液が酸性で、女の子産み分けに必要なX精子にとてもよい環境となります。
排卵までの2日間の間に、Y精子はある程度自然に淘汰されてしまうわけです。

  • 産み分けゼリーを使用する

私も含め、他の方の産み分けブログを読んで、産み分けゼリーを使用した方の成功率はある程度高いと感じます。

産み分けゼリーについて知りたい方は、『産み分けゼリーとは?使い方や成功率を知って希望の性別を目指しましょう♪』をご覧ください。

女の子産み分けは妊娠しづらくなる?

あいまま
あいまま
そもそも女の子の産み分けは男の子の産み分けよりも少し難しくなります。

それは、妊娠がしづらくなってしまうという理由からです。

なぜ妊娠しづらくなるかと言うと、あえて排卵日を外して(2, 3日前に)仲良しする必要があるためです。

排卵日に仲良しするのが、一番妊娠確率が高まりますが、それでは男の子確率が高まってしまうのです。

女の子産み分けは排卵日をずらして仲良しするので、妊娠の確率が下がる

そのため、何かしらの理由で元々妊娠がしづらいと言う方には、女の子の産み分けはあまりおすすめできません

もし妊娠しづらいと感じている方は妊娠補助ゼリーと言うものもあります。

エッグサポート
エッグサポートのブログや口コミを調査!エッグサポートとは何者でどういう効果があるのか!?エッグサポートは、産み分けゼリーのベイビーサポートを販売している株式会社アイテックの商品になります。 そこでエッグサポート...

我が家はなぜ女の子だったのか?

我が家では、一人目が女の子でした。

そこで、どうして女の子だったのかその原因を考えてみたところ、今回の方法でいうと4つに当てはまっていました!

我が家の旦那分析
  • 仕事がほぼ100%PC作業
  • 肉食(外食が多い)
  • 薄め作業をしていた
  • 熱めのお風呂に入っていた
  • 排卵日の2~3日前の性交

1人目の時は、まだ産み分けを意識していなかったため、これらを気にしておりませんでした。

あいまま
あいまま
今思えば、女の子になりやすい生活スタイルではあったようです。

そのため、2人目の男の子産み分けの際は、簡易にできる産み分けゼリーを利用して産み分けに成功しました!

産み分けゼリーについて知りたい方は、『産み分けゼリーとは?使い方や成功率を知って希望の性別を目指しましょう♪』をご覧ください。

芸能人の産み分け事例

あいまま
あいまま
芸能人の方も産み分けにチャレンジしている方はいるのでしょうか?

芸能人の産み分け事例をご紹介します。

熊田曜子さん

産み分け熊田さん週刊女性PRIMEより引用

1982年5月13日生まれ

2012年に一般人男性と結婚、同年末に第一子の女の子を出産。

2015年4月に雑誌で、2014年から第二子妊活&産み分けを実践していることをお話しされていました。

第一子が女の子なので次は男の子希望とのことで、産み分けの本を読み、排卵日チェックや旦那さんの種の動きを良くするためにカフェインの摂取などを実践したとのこと。

2015年10月に第二子のお子さんを出産されていますが、女の子だっだみたいですね。2018年6月には第三子を出産されており、またまた女の子だったようです。

産み分けとしては実を結ばなかったけど、3人ものお子さんを出産されているのがすごい事ですね。

出産後も美しさとスタイルをキープされていて。

あいまま
あいまま
同じ女性として尊敬しちゃいます。

小林麻央さん

産み分け小林さんgrapeより引用

1982年7月21日生まれ。
若くしてお亡くなりになられてしまいましたがとても残念です。

2010年に市川海老蔵さんとご結婚。

嫁ぎ先は400年以上続く江戸歌舞伎の成田屋でした。

後継者をつくるためにも男児を待望されていたようです。

そんな中、2011年7月に第一子となる女の子をご出産。

生まれてきてくれた第一子の女の子はもちろん可愛いけれど、お世継ぎをつくらないといけないという重圧は大変なものだったのではと察します。

麻央さんも産み分けの本を読んだりお医者さんに相談したり、成田山に参拝したり色々実践されていたようです。

その結果、

あいまま
あいまま
2013年3月に第二子となる男の子を運良くご出産されました!

まとめ

『女の子の産み分けのために旦那がやるべきこと5選!食事もパンツも変えちゃおう』についてみてきましたがいかがだったでしょうか。

旦那さんのコントロールがけっこう重要であることがわかっていただけたかと思います。

そしていろんな記事やブログを見ていてわかったのは、産み分けに成功している人は産み分けゼリーを使用しているということです。

我が家も使用して成功しているので、迷っている方にはぜひおすすめしたいです。

各社の産み分けゼリーについては、『【失敗はイヤ!】おすすめ産み分けゼリー比較3選♪気になる成功率や値段を徹底調査♪』をご参照ください。

旦那さんにやってもらうべき事を100%実践することは難しいですが、簡単にできることも多いので女の子産み分けを目指される方の参考になれば幸いです。

女の子産み分けを行った先輩ママの声はこちら

学習する女性
女の子の産み分けブログ5選!成功した人も失敗した人もご紹介女の子産み分けにチャレンジされた方のブログを集めました。他の人の産み分けブログは、アメブロでちゅらさんや、モカさん、あずさんなど多くの方の実体験を見て成功を目指してみましょう。...
バチェロレッテ
【必見!】バチェロレッテジャパンって実際面白いの?見てみたらハマったので伝えたい!こちらの記事ではAmazonPrimeで話題の『バチェロレッテ』を最終回直前まで見てのあいままの個人的な感想を記しています。...
簡易に産み分けチャレンジ
産み分けゼリー比較
我が家の産み分けブログ
男の子産み分け
【超易!】男の子産み分けを成功させる3つの要素ってなに?我が家の公式で確率アップ♪こちらの記事では、我が家で成功した男の子産み分けのための方法をお伝えします。これから男の子の産み分けにチャレンジしようとしている方にお役立てできる内容です。...
女の子産み分け

女の子の産み分け方法って?
女の子産み分けには旦那が重要?
女の子産み分けブログまとめ

男の子産み分け

男の子の産み分け方法って?
男の子産み分けにはどうしてリンカル?
リンカル買うなら何がいい?

産み分けなんでもQ&A

産み分けゼリーって何?
ハローベビーって何で販売中止?
ベイビーサポートも販売中止!?
ベイビーサポートの口コミは?
ベイビーサポートのお得な購入箱数は?
ピンクゼリーの口コミは?
杉山産婦人科って何で産み分けで有名?

妊活なんでもQ&A

妊婦に葉酸はなぜ必要?
エッグサポートってなに?

特徴別に産み分けゼリーを選ぶ

実績一番産み分けゼリーそれとも

管理医療機器レベルの産み分けゼリーそれとも

管理人が成功した産み分けゼリーを試してみたいなぁ
詳細はこちら

ABOUT ME
あいまま
上が女の子、下が男の子の2児のママです。産み分けゼリーという存在を知り、運良く産み分けに成功しました。 その時の体験や、子育てに関することを綴っています。よろしくお願いします。