産み分け

【驚愕】アリストテレスも研究していた男女の産み分け方法まとめ♪昔からみんなの関心事だった!

こんにちは、あいまま(AimamaLog)です!

妊活を始めると、夫婦間では男の子か女の子どっちがいい?という話題になりませんか?

我が家ではそうでした!

そこで、良く聞く、男女の産み分けって本当に可能なのでしょうか?

あいまま
あいまま
こちらでは、男女の産み分け方法についてまとめています!

実際に我が家でも産み分けに挑戦し、運良く成功することができましたので、これから、産み分けにチャレンジしようとされている方の参考になれば幸いです!

女の子の産み分け方法を知りたい方はこちら

男の子の産み分け方法を知りたい方はこちら

現代の産み分け方法

体には酸性状態とアルカリ性状態があります。
産み分けでは、酸性→女の子、アルカリ性→女の子と言われております。
3つ目までは、この酸性/アルカリ性に基づいた方法です。

産み分け方法1:食べ物による酸アルカリ法

食べ物によって、わずかですが酸性、アルカリ性が変わると言われております。
例えば、肉や魚などは酸性寄りです。一方で、野菜や海藻などはアルカリ性寄りになるとのことです。

ですので、女の子を望む場合は、肉食系ご夫婦に!
男の子を望む場合は、草食系ご夫婦を目指しましょう。

産み分け方法2:排卵日特定による酸アルカリ法

排卵日特定も重要な方法です。
これも、排卵日特定についても酸性とアルカリ性を利用します。
どういうことか言いますと、女性の体は排卵のタイミングで最もアルカリ性が強くなるのです。

ですので、男の子を望む場合は、排卵日の日に仲良くする必要があるということです!

産み分け方法3:産み分けゼリーによる酸アルカリ法

こちらも、酸性とアルカリ性の性質を利用します。
産み分けゼリーは、比較的簡易に産み分けにチャレンジできる方法です。

TVで紹介されたこともあり、最近はポピュラーになってきました。

我が家でも、産み分けゼリーの利用で産み分けに成功しました!

産み分けゼリーについての記事はこちらから

リンカル(男の子)

リンカルとは、リン酸カルシウムの略で、妊婦さん向けの栄養補助サプリメントです。
こちらの方法は、科学的根拠はまだ不明だそうです。
ただ、統計学的に過去にリンカルを飲んでいる人から男の子が生まれてくる確率が高かったということで、男の子産み分けの有名な方法になっています。

ここからは、お医者さんで実施してもらう必要がある方法です。

パーコール法

マイクロソート法

体外受精(着床前診断)

歴史上の産み分け方法

仏教

仏教では烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)に胎内の女児を男児に変える力があるとされ、この明王を本尊とした祈願法も行われていた。

この明王は胎内にいる女児を男児に変化させる力を持っていると言われ、男児を求めた戦国時代の武将に広く信仰されてきたそうです。

中国式

これは、過去の産み分け方法なのですが、

現代においてもかなり多くの人に信用されている方法です!

この方法は、昔の人が統計的に割り出した方法ですので、少しだけ科学的要素も含んでいるかもしれませんが、迷信度合いの方が強いでしょう。

13世紀頃、中国の科学者が中国王朝の宮内庁の出生記録を統計学的に計算して、表にしたもの。この表を利用すれば、妊婦の年齢と受胎日で男女の産み分けができるとされています。

その的中率は、中国人なら99%、アジア人は90%、欧米人は85%と言われています。

中国式産み分け方法
中国式産み分けの確率はどれほどか!?我が家の2人とみんなの口コミを調査してみました中国式の産み分けカレンダーの成功確率はどの程度か?我が家の実績やみんなの口コミを徹底調査...

ブラジル式

産み分けゼリーについて

産み分けゼリーは、女の子用ゼリーと男の子用ゼリーで分かれていて、ゼリー自体が酸性orアルカリ性になっております。

それぞれの希望の性別に合わせて、どちらかのゼリーを仲良くする前に女性の膣内に注入するという仕組みです。

かれこれ10年近く利用されていますが、特に子供への影響や妊婦への問題の事例は報告されていませんので、安心して利用することができます!

我が家でも、産み分けゼリーをはじめとして、この酸アルカリ法の3つの併せ技で、運良く男の子の産み分けに成功しました。

そもそも産み分けゼリーについて知りたい方は

新生児
産み分けゼリーとは?使い方や成功率を知って希望の性別を目指しましょう♪産み分けゼリーとはいったいなんなのでしょうか?産み分けゼリーの存在は知っているけど、食べ物と勘違いしている人や効果はどうなのと思っている方もいます。成功率なども併せて調査してみたいと思います。...

産み分けゼリー各社の比較をしたい方は

赤ちゃんとお母さん
【保存版】おすすめの産み分けゼリー比較3選!気になる口コミと成功率や値段を徹底調査♪これから産み分けゼリーを使用してみようとされている方に向け、各社の産み分けゼリー比較を実施しましたので参考になれば幸いです。...

産み分けゼリーで障害は発生しないのか?

産み分けゼリーと赤ちゃん
産み分けゼリーと障害に関係はある?ネットでささやかれている噂を調査!産み分けゼリーを使う時、子供やママへの障害や副作用などないのか気になるところです。ピンクゼリーによるダウン症や流産リスクがないのか調査しました。...

【参考】産み分けとは

まずは産み分けとは?について、Wikipediaの定義を見てみると、

産み分け(うみわけ)は、男女どちらかの性別の子供を希望する夫婦が、それを実現するための科学的な根拠を持つ技術、またはその技術を用いること。

つまり、現代において、産み分けとは科学的な根拠を持って、女の子か男の子か希望の性別を産むということになります。

一方で、過去には呪術的な方法を用いて産み分けを行っていた時代もあり、今回に限り、科学的、迷信的問わず、女の子、男の子を希望して出産することを、広い意味で産み分けと呼ぶことにします。

基本的に赤ちゃんが元気に生まれてきてくれればそれだけでハッピーです!

でも特に2人目とかだと、
次はできれば男の子が欲しいなと思ったり、
女の子が欲しいなと思うのも
とても自然な感情だと思います。

昔から男女の産み分けに対する関心は強かったようです、現代では病院に行かずとも、食べ物や産み分けゼリーなどで比較的簡単に産み分けに成功できるようになってきています。
そこで今回は産み分けの歴史に触れつつ、最新の産み分け事情を見てみたいと思います。

【参考】歴史上の産み分けの重要性

歴史上、世界では男性が主導する社会が長く続いていたため、男児の誕生を願う風潮がありました。

また、農村での働き手としても男手が必要であったりとしたようです。

一方で、ヒミコやエリザベス女王など女性の主導者ももちろんいて、時代によって求められる性というのも差があるのかもしれません。

そのため、太古の昔から「産み分け」ということは、多くの人の関心ごとだったようです。

ところで男女、雄雌の産み分けについては古くから多くの人々が興味を抱いており、HippocratesやAristoteles等もその方法について述べている。
引用元:X精子とY精子

紀元前のギリシャにおいても、男女を産み分けるということは人々の関心事だったという話があり、驚かされます!

あいまま
あいまま
ギリシャ文明の時代から産み分けは行われていたんですね!