子宝占い

【今でしょ!】子供はいつ作るのがいいのか?年齢とお金とキャリアと運勢も関係あり♪

コウノトリ
あいまま
あいまま
こちらの記事ではこれから子供を作る方に向けて、一般的なタイミングをまとめています。
子供を作る時期に迷われている方の参考になる内容となっています。

実際に利用してみて子宝占いについて有名占いサービス3社を比較しました。

一般的な子作りタイミング

まずは、一般的な子作りのタイミングから解説していきます。

結婚からの平均期間

ハート

一般的な子作りのタイミングは、結婚後1~1年後くらいだとされています。

結婚してすぐに子供ができると、2人の時間がほとんどないまま子育てに突入します。

全く違う人生を歩いてきた2人が一緒に一から家庭を作るのですから、はじめは2人の時間を持ってお互いを知っておいた方がその後がスムーズです。

ですが、妊娠や出産、子育ては個人差があります。

とくに30代の後半以降に結婚した場合は、母体にかかる負担を考えると早めに子供を作った方が安心です。

早めに作るメリット

子供を早く作ると次のメリットがあります。

  • 自分たちが若い
  • 産後の回復も早い
  • 若いうちに子育てが終わる
  • 兄弟を作るタイミングを急ぐ必要がない
  • 会社でのストレスが少ない

自分たちが若い

自分も親も若いので体力があります。

産後の回復が早い

体力があるので産後の回復も早いです。

若いうちに子育てが終わる

若いうちに子育てが終わるので、年を取った時に早くからゆっくりできます。

兄弟姉妹を急ぐ必要がない

高齢出産の心配がないので、ゆっくり下の子を産むこともできます。

会社でのストレスが少ない

まだ地位が低いので、産休を取っても人に迷惑をかけにくいです。

早めに作るデメリット

では、早めに作るデメリットは何でしょう?

  • 母体が未成熟
  • 精神的未成熟さ
  • 経済的に苦しい
  • 若い頃しかできない経験ができない
  • 会社でのストレスが少ない

母体が未成熟

10代など若すぎると子宮や骨盤が未成熟で、流産、難産の確率が高くなることがあります。

精神的未成熟さ

精神的にも未成熟で、育児放棄やノイローゼになることもあります。

経済的に苦しい

給与が低いことが多いので、経済的に苦しい中での子育てをしなければなりません。

若い頃しかできない経験ができない

若い頃しかできないファッションや経験ができないまま年を取ってしまいます。

夫婦の協力が何より大事

夫婦

子育てで何より大切なのは、お金でも若さでもなく夫婦で協力して行うことです。

母親一人で背負ってしまうと、育児うつや子供とのコミュニケーションの偏りなどの原因となる場合があります。

子育ては思うようにいかないことの連続です。

でも、その都度夫婦で話し合い協力しあえば乗り越えることができ、家族の絆も深まります。

子供ができて得ること失うこと

子供を授かると、得ることだけでなく失うこともあります。どんなことを得て、どんなことを失うのでしょうか?

得ること

子供を産んで得ることってあるの?
と思う方もおられるかもしれません。

子供を産んで得られることで目に見えることはありません。

子供を産んで得られることは、自分の血を分けた人間ができ自分のこと以上に大切な存在ができることです。

また、「子はかすがい」の言葉があるように夫婦の共通の話題となり夫婦の絆が深まります。

そして、親に孫を抱かせてあげるという親孝行ができます。

失うこと

精神的に得ることがある子育てですが、失うこともあります。

自分自身の時間

子供がとくに小さいうちに感じることは、「自分の時間がない」ということです。

それどころか、夜もぐっすり眠れなくなったり食事も落ち着いて食べることができなくなったりします。

夫婦の時間

子供が産まれる前までは、夫婦で出かけたり趣味の時間を持ったりできます。

しかし、子供ができると、しばらくの間は夫婦の時間もありません。

いろいろお金がかかる

子供を産むには、出産費用からはじまり、医療費、食費、七五三などのイベントのお金、教育費、などいろいろなお金がかかります。

年齢から見る子供を作るタイミング

子供を作るタイミングは、結婚からの時間だけではく母体の負担が少ないタイミングもあります。

母体への負担は、医学的には20代に産み育てることが一番負担がない、とされています。

お金から見る子供を作るタイミング

産み分け費用

前述のように子供を育てる際にはお金がかかります。

給与は一般的には年を重ねると高くなるので、お金に余裕がある子育てを希望する場合には少し遅めがタイミングとなります。

出産費用にはどれぐらいお金かかる?

公益社団法人国民健康保険中央会が平成28年度に行った調査では、平均505,759円かかっています。
※出産費用は住んでいる地域や病院などで多少の違いがあります。

ただし、出産育児一時金420,000円を受け取ることができるので、実際にかかる費用はその差額85,759円程度になります。

この費用には、出産前の検診料は含まれていません。

ですので、この他に検診料50,000円前後(個人、病院差があります)がかかります。

また、その他にマタニティ用品やベビー用品が別途かかります。

全部買えば10万円以上しますが、レンタルやフリマお下がりなどで安く購入もできます。

子育てにはどれぐらいお金かかる?

AIU保険会社の調査では、子供が22歳になるまでの食費などの基本養育費は、約1,640万円かかることが判明しています。

子供を小学校から大学まで公立(大学は国立)の学校に通わせた場合の教育費は約1,345万円かかるためトータルで子育てには2,985万円がかかります。

私立の学校に通わせる場合、さらに増え幼稚園から大学まですべて私立の場合は、4,424万円がかかるのでトータルでは公立の約2倍の6,064万円かかります。

キャリアから見る子供を作るタイミング

働く女性にとっては、子供をどのタイミングで作るかは大きな問題です。

タイミングは大きく分けて2つあり、「体力があり多少の無理が効く20代」もしくは「出産、復職しやすい管理職になってから」があります。

仕事の内容や年齢、周囲のサポート状況などで、どちらを選ぶかを決める必要があります。

運勢から見る子供を作るタイミング

信じる信じないはあなた次第。

医学的根拠はありませんが、タロット占いや四柱推命、六星占術などで子供を授かる時期を占うことができます。

盲目的に信じることはいけませんが、精神的な安心やストレス緩和に気楽に占うのならアリだと思います。

まとめ

結婚すると子供が欲しくなる人は多く見られます。

子供を産むタイミングは結婚後1~2年が一般的とされていますが、自分の年齢や置かれた状況を考慮して育てやすい時期に産むとその後の育児が楽になります。

もちろん、一般論でしかないのでご状況に合わせて夫婦で話し合ってみるのがいいですね。

ABOUT ME
あいまま
上が女の子、下が男の子の2児のママです。産み分けゼリーという存在を知り、運良く産み分けに成功しました。 その時の体験や、子育てに関することを綴っています。よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA