主に子育て、ダイエット、高崎周辺、B'zについて書いています。

51ch.com

子育て 子連れ

ハワイのハレクラニへ2歳の子供連れで経験したツアーとホテル事情

投稿日:2019/01/12 更新日:

ハワイのホテル「ハレクラニ」に2歳になる子供連れで行ってきました。ハレクラニのツアーから、部屋の様子や、レストランで感じたことを記します。また、カハラとハレクラニのどっちがいいかと言う議論もよく目にしますので、調査してみます。ハレクラニを検討されている方の少しでも参考になればと思います。

ハレクラニについて

ハレクラニには約2万平米の敷地に5棟の建物が建っており、客室数は453である。ハレクラニの土地や建物は三井不動産の所有であり、名称の「ハレクラニ」は、ハワイ語で「天国にふさわしい家」を意味している。

Wikipediaより引用

なんと、1981年に三井不動産が買収していたとは。だからこそ日本人にも愛されているのでしょう。
そして、「ハレクラニ」はハワイ語で「天国にふさわしい家」とのことで、
どうやら極楽がそこにはあるとのことです。
私は、出発前にこのハワイ語を聞かされていたので、
ずっと天国を軸としてホテルを体験することになりました。

ツアーについて

ANAツアーを利用

行くまでの紆余曲折した経緯は、こちらでご報告済みです。
今回はANAトラベラーズで5泊の少し短めのプランでした。
https://www.ana.co.jp/ja/jp/inttour/area/hawaii/hwi/14a_hallo_001/
嫁さんの脅しに負け、お金を工面してやっとの思いで行ってきました。

紆余曲折のせいで数十万円が吹っ飛びました。。。
が、いい勉強になったと、自分自身に言い聞かせて冷静を装うことにしていたことを思い出します。
詳しい紆余曲折は、『【実録】ESTAを忘れてませんか?ハワイ旅行の注意点』をご参照ください。


お部屋

いいところ

やはり一番気になるはお部屋です。
なんせ数日過ごすのですから、不快であればショックが大きいです。

オーシャンビュー

まず、部屋に入って一番気になる外の見晴らしをチェック。
オーシャンビューでとても気持ちが良く、素敵なお部屋でした。

フルーツが美味しい

また、部屋にはウェルカムフルーツが置かれており、
とても美味しくいただきました。

ベッドがグー

大きくてふかふかでよく眠れそうでしたし、実際眠れました。

んー、確かに
「天国にふさわしい家」の名に恥じないお部屋だと感じました。


気になったところ

一方で、子供目線で、部屋を見回してみると2つのトラップがあるなと感じました。

テラスの柵の間

結構、幅が広いので誤って落ちることができます。
うちの子は、少しポッチャリ目なので、落ちづらくはあるのですが、細身の子であれば、より落下確率が上がると思いました。

ベッドの間

ベッドとベッドの間のスペースにちょうど子供一人がハマれる幅があるので、寝ているうちにそこに落ちれば窒息できそうです。
これまた、うちの子は、少しポッチャリ目なので、落ちづらくはあるのですが、細身の子であれば、より落下確率が上がると思いました。

もう一つ、これは子供目線の話ではなく、大人目線の話です。

トイレのウォーシュレット

天国にはウォーシュレットは無いということを知りました。
これは、かなりショックが大きかったです。
確かに、海外はあまり付いているイメージはないですが、せめて天国には付けておいて欲しかったです。

話が脱線しますが、もしかしたら、天国より、現実世界の方が楽しいところだと思ってしまいます。
テクノロジーが発達し、煩悩のある現代社会の方が、生活しやすそうな。

また、自分の注意力のせいではありますが、ハレクラニにおいて、

『天国に行けるな』

と実感したタイミングがあります。

頭部を殴打される

見出しは物騒ですが、大した話ではありません。シャワーを浴びてての話です。
どういうことかというと、シャワーヘッドをかける場所がちょうど頭を打ち易い場所に設置してあると感じました。
実際に、頭を上げた時に打ちました。

熱中症

ベランダで、少し長めに日光浴をしていたら、熱射病にかかったようで、
40℃の高熱が1日続きました。
今思うと、一歩間違ったら本当に天国にふさわしい男になるところでした。

「天国にふさわしい男」はハワイ語で、

He kanaka pono i ka lani

だそうです。でも、何て呼んだらいいのか、よくわかりません。

カハラとハレクラニの比較

カハラについては、行ったことがないのであくまで見聞きした情報です。

エントランスがゴージャス

ハレクラニと比べて、賑わいを見せております。

お部屋が広い

ハレクラニと比べて、お部屋が広いという感想を述べている方が結構おりました。
子供連れであれば、広いことに越したことはないですね。

子供連れで注意をしなければいけないこと

日本人の感覚と少し異なる点があるようです。
それは、「未成年者の福利を危険にさらした罪」というものがあるようです。
具体的に言いますと、
「12才以下の子どもを、13才以上の保護者なしで放置して危険な状態にさらすと、親や保護者が逮捕される」というもの。
特に子供連れのファミリーでは、注意が必要ですね。

子供を寝かしつけてから、親だけで夜の街で軽くお酒でもと思っても、
万が一、子供に何か問題が発生した場合は、親が逮捕されてしまうので、
正に泣きっ面に蜂状態になってしまいます。
お子さんが小さいうちは、部屋で楽しむのが無難だと思います。
楽しむアイテムはぜひABCストアでがっつり買い込みましょう。

ハレクラニ沖縄

恩納村に「ハレクラニ沖縄」が2019年7月26日に開業するようです。
私の誕生日を丸かぶりで意味なく少し嬉しい気持ちになりました。
特徴として

自然がいっぱい

全室オーシャンビューのゆとりのある客室

これは重要です、

スパも充実

スパ受けたいですね。気持ち良さそうです。

かなりステキですね。
本家に勝るとも劣らない雰囲気。
沖縄の方が、行くまでの苦痛が少ないので心惹かれております。

まとめ

ハレクラニは非常に良いホテルでした。
シンプルでありながら重厚感のある品を感じました。

そして、色々な意味で「天国にふさわしい家」だなと身をもって体験できたのは良かったです。
カハラも気になりますので、次回はそちらも視野に行ける日を夢みておきます。

ESTAにまつわるエピソードは、『【実録】ESTAを忘れてませんか?ハワイ旅行の注意点』をご参照ください。


2歳児と行くハワイは楽しいのか、『子供2歳とのハワイは楽しいのか実際に行ってみての感想』をご参照ください。

-子育て, 子連れ
-, , ,

Copyright© 51ch.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.